医師のアルバイトなび

アルバイト勤務を希望する医師は自己分析が必要?!

アルバイト勤務を希望する医師は、自己分析が必要かということですが実際のところそこまでのことをしなくてもアルバイト案件はたくさんあります。

 

ですから結論としては、ケースバイケースということになるでしょう。ただし、やっておいた方がよいこともあります。例えば特殊なスキルを必要とする診療科目でアルバイトをしたい場合は、自己分析をしながら自らの得意分野の整理を行えばアピールポイントが明確化します。

 

他の使い道といっても、アルバイトの場合はこの程度でしょう。これが常勤医の転職となればまた話は違います。最近はどの医療機関でも常勤医を募集するようになりましたが、まだまだ医師が足りない状態が続いています。

 

医師 アルバイト

 

ですから自己分析をしながら他の医師と何が違うのかをはっきりとさせておき、面接時に自らを売り込んでいくのです。ちなみに基本的な自己分析の方法についてですが、特に決まりはありません。

 

自由に作っても良いですし、最近はブレインダンプなどを用いて自己分析をする医師もいるようです。もしも今後のことを考えて自己分析をやっておきたいということであれば、転職サイトに在籍しているコンサルタントへ対応を依頼すると良いでしょう。

 

ただし自己分析やキャリア形成については、コンサルタントにも得意な人とそうではない人がいますので、もし担当のコンサルタントが対応できない場合は、対応できるコンサルタントに交代してもらうようにしたいものです。

 

また自己分析は簡単にできそうに見えて、意外と時間が掛ります。一気に仕上げようとは思わずに、気長に空き時間で作成することをおすすめします。

 

尚、自己分析である程度自らの特徴が分かった後は、履歴書や経歴書にその内容を書き込んでいきます。もちろんそのままの文章を書き込むのではなく、自分の言葉で組み合わせていくのです。

 

そうすることによって、非常に特徴がある履歴書や経歴書を作成することができるでしょう。応募する医療機関ごとに使い分ける必要はありますが、主軸となる内容はそのままでも問題ありません。